2007年11月07日

「ユーモアのない一日は、きわめて寂しい一日!」


akaihana1.jpg日本の代表的な自然主義作家である島崎藤村は次のように語っています。

「ユーモアのない一日は、きわめて寂しい一日である。」

陽気な沖縄で生まれ育った私にとって、大きくうなずける名言です。

そこで、今回はとびっきりスケールの大きなアメリカンジョークを紹介します。

笑って下さい。たくさん笑って元気になって下さい。

沖縄のオジーやオバーたちが長寿で元気なのは、「ナンクルナイサ〜(なんとかなるよ)」との楽観的な気持ちを持ちつつ、いつも何かにつけ人を笑わせ、自分も笑っているからです。

「笑い」が、健康と長寿の秘訣だというのは間違いありません。

さあ、笑いましょう!



「君はいま新しい仕事をやってるんだってね。」

「そうだよ。」

「何をやってるんだい?」

「農業だ。」

「何を栽培してるんだい?」

「いろんな種類の野菜さ。君には信じられないかもしれないけどキャベツなんかものすごく大きくてね、1度なんか軍隊が通りかかって急に雨が降り出したら、1連隊全部が一枚のキャベツの葉っぱの下で雨やどりしたくらいだ。そりゃそうと君は何してるんだ。」

「おれはボイラーの工場を経営してる。君は信じないかもしれないがこの前ボイラーをつくったときなど一台のボイラーは長さ3キロ、幅が2キロ半もあったんだ。」

「そんな大きなボイラー、何に使うんだい?」

「君が話してたそのキャベツ玉を料理するのさ。」



もっと面白いジョークを知っていたら、教えてくださ〜い。

笑いの輪を広げましょう!

posted by HappyLifeRealize at 23:31| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ジョーク−あのチキン本当に美味しかったわ!


amaririsu03.jpgスカイクエストコムのエンターテイメントページからのジョーク第2弾。
今回も少し頭を柔らかくして大笑いし、心も体も健康になりましょう。では……、


ほとんど目が見えない一人の老婆いました。彼女の3人の息子は、それぞれ彼女にとって誰が一番素晴らしい息子か証明したいと思いました。

1番目の息子は、15階建てのマンションを彼女に買い与えました。彼は、他の誰にもそのようなプレゼントはできないので、これが一番だろうと確信を持っていました。

2番目の息子は、運転手付きの美しいベンツを彼女に買い与えました。彼は、きっとこれが彼女にとって一番満足がいくものであると信じて疑いませんでした。

3番目の息子は、さらに凄いことをしなければなりませんでした。それで、彼はオウムを購入し15年の間に聖書を全部暗記させるように訓練しました。オウムに聖書のすべての節を尋ねることができましたし、オウムは一語違わず引用することができました。

息子たちは母親に尋ねました。どの贈り物がよいですか。

すると老婆は1番目の息子に言いました。「息子よ、家はとても豪華ですが、私には広すぎます。今でも一室しか使っていないし、掃除が大変なのです。気持ちは嬉しいですが、その家は私には必要ないです。」

それから、2番目の息子には、「息子よ、車はとても素晴らしく、何も言うことがない位すべて装備されています。でも、私は車を運転しないし、それに運転手が嫌いなのです。申し訳ないけど、車を返して下さい。」と丁重に断りを入れました。

その次に、彼女は、3番目の息子に言いました。「息子よ、あなたの贈り物が私にとって一番嬉しかったわ。あなたには本当に感謝してます。あのチキンは本当に美味しかったわ……。」


私たちも、日々の生活の中でとても大切なもの、貴重な事柄をないがしろにしていることがあるのかも知れません。

スカイクエストコムのインターネット教育サービスは、人生を豊かにする貴重な宝で充ち満ちていますよ。

posted by HappyLifeRealize at 15:12| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ジョーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

ジョーク−逆走(ギャグソウ)?!

ハイビスカス1
スカイクエストコムのエンターテイメントページからジョークをひとつ紹介します。
少し頭を柔らかくして大笑いし、心も体も健康になりましょう。では……、

「あるおじいさんが高速道路を走行していたとき、彼の電話が鳴りました。

 電話にでると、彼の奥さんがあわてた声で彼に注意しました。

 あなた! たった今、280号線で反対走行している
 車がいるとのニュースが流れたのよ!
 気をつけてね!!

 そのおじいさんは言いました。
 いや、1台だけじゃなく、
 100台だよ……。」


何というおじいさんでしょう。

……とは私は言えないのです。
実は……、5方向から入る複雑な交差点で、
私もかつてやってしまったのです!

中央分離帯がない道だったからいいようなものを……。
いや〜焦りましたね。くわばら、くわばら……。

みなさんも、車の運転くれぐれも気をつけましょうね。

posted by HappyLifeRealize at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。