2014年07月08日

「世界大恐慌時に差し伸べられた温かい愛の手」

イエス・キリスト03.jpg 1933年、世界大恐慌のために就職先を見つけるのが困難だった時期のことで、合衆国東部での話です。アーリーン・ビーセカーは、高校を卒業したばかりでした。長く続いた職探しの後、ついに縫製工場で衣服を縫う仕事を得ました。工場で働く人たちは、毎日自分が縫ってきちんと仕上げた数だけ支払いを受けました。たくさん仕上げればそれだけ賃金が増えるのです。

 工場で働き始めて間もないある日、アーリーンはある手順のところで行き詰まり、困惑といらだちを覚えました。ミシンの前に座り、縫い物を完成させるために、失敗した箇所をほどこうと試みました。助けてくれる人は誰もいないように思われました。他の縫製員は皆、できる限り多くの衣服を仕上げようと急いでいたからです。アーリーンは自分の無力さを感じ、絶望的になりました。そして静かに泣きだしました。

 アーリーンの真向かいに座っていたのがバーニス・ロックでした。バーニスは年上で、縫製員としても先輩でした。アーリーンが困り果てているのに気づき、バーニスは自分の作業をやめてアーリーンの傍らに行き、優しく方法を教え、手伝ってあげました。そしてアーリーンが自信を得て、無事に仕上げられるまでついていてあげたのです。その後、バーニスは自分のミシンに戻りました。ただ、手伝っていなければ仕上げることができていたであろう、たくさんの衣服を仕上げる機会を逃してしまいました。

 この一つの愛にあふれた優しさの行いによって、バーニスとアーリーンは生涯の友となりました。やがてそれぞれ結婚し、子供ができました。1950年代のあるとき、教会員だったバーニスはアーリーンとその家族にモルモン書を1冊贈りました。そして1960年、アーリーンと彼女の夫と子供たちはバプテスマを受けて教会員になりました。後に、神の聖なる神殿で結び固められました。

 きっかけはバーニスの思いやりでした。相手のことはよく知りませんでしたが、困り果てて助けを必要としていた人を、自分のことは後回しにして助けに行きました。こうして思いやりを示した結果として、今では生者も死者も含めて無数の人たちが福音の救いの儀式を享受しているのです。」■(トーマス・S・モンソン大管長『リアホナ』「愛−福音の神髄」p.91-92)

 モンソン大管長は、その説教の中で次のように語っています。

「この現世の旅を共にしている同胞を愛さないならば、本当に神を愛することはできません。同様に、わたしたち全員の御父であられる神を愛さないならば、完全に同胞を愛することはできません。」

 私たちも、モンソン大管長の勧告を心に刻み、次の短い詩の中で表現されている気持ちを、いつも大切にしたいものです。

「人の必要に気づかずに、
 枕を涙でぬらした夜は
 数知れない。
 だが、ほんの少し
 人に尽くしすぎたからといって
 悔やんだことは
 一度もない。」

(作者不詳,リチャード・L・エバンズ長老が“The Quality of Kindness,”Improvement Era, 1960年5月号,340で引用)


posted by HappyLifeRealize at 16:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 慈愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

「子羊が売られた日−オークション」

 一月ほど前の晩遅く、一番下の高校1年生の娘が、パソコンに向かって仕事している私の元へやって来ました。そして次のように言いました。

「お父さん、英語の宿題があるんだけど助けてくれない?」
 私は彼女の方を振り返り、「どれ、見せてごらん」と言いながら渡された1枚の紙に目をやりました。

 タイトルは「The Auction」と銘打たれてあります。娘は、「一通り読んだのだけど、確認するためにお父さんに訳してもらいたいの」とお願いしてきました。

 急ぎの仕事に取り組んでいた私は、娘にその旨を伝え、ボイスレコーダーを回しながら、一文一文を逐語訳して録音してもいいか確認し、そして始めました。

 しばらく翻訳を続けていましたが、途中から感動で胸が詰まり、涙が溢れてきました。声が震え、詰まり、そして翻訳ができなくなってしまいました。

 涙をぬぐっている私に気づいた娘は、「あ〜〜!お父さんまた泣いている〜!」と微笑みながら揶揄し、「お父さん本当に泣き虫だからね〜!」と追い打ちをかけました。

「いや〜、本当に感動した!……お前、お父さんを泣かせるために翻訳お願いしたんじゃないの?」と一言返しましたが、ばつの悪さと感動と娘の「してやったり」との思惑が交錯し、結局、真夜中に娘と二人で腹を抱えて大笑いしました。

 さて、その文章のおおよその内容は以下の通りです。みんなも読んで、感動して、泣いて下さい。

「オークション」
「ケイティ−・フィッシャーは興奮していました。7月15日は、動物オークションの日です。「今日は私の子羊を必ず売るわよ!」と彼女は心の中で思いました。17歳のケイティーは、オハイオ州マディソン郡にある農場で暮らしています。その日、郡内の農場の子供たちが、会場に自分の最高の動物たちを連れて来ていました。子供たちは連れてきた動物を最も高い値段をつけた農場経営者に売るのです。「私の子羊に良い値段がつくといいな」と、ケイティーは思いました。

 その日の午後、ケイティーは自分の子羊と一緒に会場の中央に歩いて行きました。人々が彼女を見た時、皆が驚きました。彼女には髪の毛がなかったのです。化学療法によってすべて抜け落ちてしまっていました。癌を患っていたのです。その治療が功を奏し癌の進行を食い止めたおかげで、ケイティーの病状はかなりよくなっていました。しかしながら、彼女の両親は多額の治療費を支払わなければなりませんでした。ケイティーは自分の子羊を売って、その治療費のいくらかを支払いたいと思っていたのです。

 競売人はケイティーについて少し紹介しようと決めました。「こちらの若いお嬢さんは癌の治療費を支払うためにお金が必要なのです」と競売人は言いました。「彼女の子羊に是非良い値段をつけてあげましょう。」それから、競売人はオークションを始めました。

「この子羊1ポンドに誰が1ドルつけて下さいますか?」彼は始めました。
「1ドル!!」一人の農場経営者が言いました。
「1ドル来ました!」競売人は言いました。
「さぁ、1ポンドに2ドルつけるのは誰でしょうか?」
ひとりの農場経営者が言いました。「2ドル!!」
競売人は続けて「2ドル出ました! さあ3ドルの方はいませんか?」と言いました。

 競売人は引き続き羊の価格を上げようとしました。その場にいた農場経営者たちはそれに呼応して価格を上げ続けました。そしてついにケイティーの子羊は1ポンド12ドルにまでなったのです。

 ケイティーは本当に喜びました。子羊の通常の価格は1ポンド2ドルがいいところなのですが、彼女の子羊は1ポンド12ドルで売れたのです。彼女はその売れた子羊を競り落とした農場経営者に持っていきました。その人はケイティーにお金を支払った後、驚くようなことを言いました。「子羊はとっておいていいよ。またオークションにかけなさい。」

 ケイティーは、驚きと喜びに包まれながら、子羊を連れて再びオークション会場の中央に戻って行きました。競売人は微笑みながら、「さ〜て、この子羊をもう一度売らなきゃならないね」と言いました。2人目の農場経営者は、1ポンド8ドルで買ってくれました。

 競売人がこの子羊を2度目に売った時に、またもや驚くべきことが起きました。会場にいた農場経営者やその家族たちは「もう一度! もう一度!」と言って叫び出したのです。ケイティーが子羊を競り落とした2人目の農場経営者に持って行った時、彼は支払いながら、「みんなが言ってることを聞いてるでしょ。子羊を持って行ってもう一度売りなさい」と笑顔で言いました。

 ケイティーは、子羊を連れてオークション会場の中央にまた戻って行きました。会場はさらに湧き出しました。そして競売人はケイティーの子羊を繰り返し何度も何度も売ったのです。そして競り落とされるたびに、会場は「もう一度! もう一度!」と騒ぎ立てました。

 その日の午後、オハイオ州マディソン郡のオークションにおいて、ケイティーは同じ子羊を36回も売ることになりました。36人の競り落とした農場経営者は、全員ケイティーにお金を支払いましたが、誰一人として子羊を受け取りませんでした。結局ケイティーは16,000ドルを手にして家路につきました。そのお金は彼女のすべての医療費を支払うには十分な金額でした。そしてさらに彼女は自らの子羊も連れて帰ったのです。」■(「The Auction」)

 主は次のように語りました。
「すると、王は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである』。」(マタイ25章40節)

 モルモン書の中のベニヤミン王も次のように語っています。
「そして見よ、わたしがこれらのことを語るのは、あなたがたに知恵を得させるためである。すなわち、あなたがたが同胞のために務めるのは、とりもなおさず、あなたがたの神のために務めるのであるということを悟らせるためである。」(モーサヤ書2章17節)

 助けや励まし、慰めや支えを必要としている隣り人に手を差し伸べることは、すなわち主に仕えることになると教えています。暗く厳しい今のこの世の中、でもケイティーに温かい助けの手を差し伸べた農場経営者たちのような人々がいる限り、この世から希望がなくなることはありません。

 真の救いは、「神について」あるいは「福音について」どれだけ沢山の知識を持っているか、あるいはどれだけ沢山の良い行いをしたかではなく、(もちろんそうであることはとても大切ですが……)それを通して真に「神を知り」、自らがいかなる人物に「なっている」か、いかに高潔な人格を築き、主に似た者に「なっている」か、それによって決まるのではないかと感じています。未熟な凡人の私にとって、雲の上の宝を掴むような思いもしますが、あの心優しい人々のような生きた模範がある限り、希望がなくなることはありません。

 私たちが、神を愛し、真理に基づいた神の教えを愛し、その御心を行うために喜んで犠牲を払い努め励む限り、神がケイティーに注がれたような驚くほどの計り知れない「神の憐れみ」を私たちも頂き、永遠の生命に至ることができるようになれるという希望もなくなることはないのです。

posted by HappyLifeRealize at 02:14| 福岡 ☁| 慈愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

「貧しかった少女を改宗へ導いた一枚の英会話チラシ」

私が所属する末日聖徒イエス・キリスト教会のふさわしい若人たちは、19才〜20才になると、自らの選択の自由により、また神さまの召しと権能を受けて、この福音を宣べ伝えるために全世界へ出かけて行きます。幼い頃から一生懸命バイトをして貯めたお金を携え、あるいは家族の援助を受けて無報酬でボランティアとしてこの福音を宣べ伝えます。主が生きておられた時代の聖徒たちと同じです。

現在6万人もの若人たちが150カ国を超える国と地域において、自らの学業や仕事を後にして、1年半〜2年間主の伝道の業に従事しています。これはまさに驚くべきことです。

世の多くの良識ある人々からも、「このような『世の中を知らない若造たち』が伝道に出て何が出来るんだ」との非難もたびたび浴びますが、そのような世故に長けない若い宣教師たちにより、毎年30万人を超える人々が全世界で神さまを知り、主と主の贖いに対する強い証を得てバプテスマの門をくぐります。

これは、まさに次の主の預言を成就する奇跡そのものです。

「世の弱い者たちが……肉の腕に頼ることのないよう……、すべての人が主なる神、すなわち世の救い主の名によって語るため、信仰もまた地に増すため、わたしの永遠の聖約が確立されるため、わたしの完全な福音が弱い者や純朴な者によって世界の果てまで、また王や統治者の前に宣べられるためである。」(教義と聖約1章19〜23節)

今日は、そのような若い宣教師として召され、伝道に励んだ友人の感動的なお話し、実際に起こった出来事について紹介します。どのような小さな幼子であれ、小さな者であれ、彼らが謙遜に捧げる義なる祈りや望みを、主はすべて御心に留められ、主の御旨に適った時期にかなえて下さるとの確信を今一度新たにしました。

<貧しかった少女を改宗へ導いた一枚の英会話チラシ>

大雪に見舞われたある晩のことです。2人の若い宣教師が、教会で行われる無料の英会話の準備をしていました。彼らは地域の方々への奉仕の一環として1週間の内の数時間をボランティアで英語を教える活動を行っていたのです。「今晩はこんな雪じゃ誰も英会話には来ないだろうね」と中止することも念頭に置きながら一人の宣教師が語りました。彼の同僚も同感だとうなずいています。

その時です。一台の車が、窓越しに教会の中へヘッドライトの光を投げ込みながら駐車場に止まりました。なんと見るもうらやましい真新しい車です。その車から20代の若い女性が降りて来て「英会話を教えている教会はこちらですか」と尋ねてきました。そして一枚のチラシを手渡したのです。なんとこれがまた非常に古い10数年前にこの教会で作られた無料英会話のチラシだったのです。

暖かい教会の中へ招かれたその女性は、事の経緯を次のように説明しました。

「幼い頃、2人の若い青年が私の家を訪れました。その時、家には両親も兄弟もおらず私だけでした。教会の宣教師だと名乗るその2人の若い青年は、私に無料の英会話について説明し、このチラシを下さったのです。10数年も前のことです。私は無料で英語を教えて下さるというその教会に殊の外興味を抱き、是非通いたいと思いました。

でも、当時家は非常に貧しく、車はもちろんないばかりか教会に通うバス賃さえも望めない状態でした。いつか大きくなって自分で働き、車を持てるようになったら必ずその教会に行くと心に決め、その英会話のチラシを宝物のように大切にしまっておいたのです。

あれから長い年月が経ちました。私は学校を卒業して就職し、一生懸命お金を貯めました。そして今日念願の私自身の車を購入したのです。あの駐車場の車は今日買ったばかりの私の車です。幼い頃の夢を果たすために、車のディーラーから真っ直ぐにこの教会へやって来ました。私に英会話と神さまのことを教えて下さいますか?」

2人の若い宣教師は大きな感動に包まれ、言葉を失いました。幼い頃から願い続けた望みと日々謙遜に祈る2人の若い未熟な宣教師の祈りが、同時にかなえられた瞬間でした。

彼女はその後、英会話を学ぶ中、この回復されたイエス・キリストさまの福音を熱心に学び、証を得て、程なくバプテスマを受けました。それからさらに働き、お金を貯め、自らも専任宣教師としての召しを頂いて1年半伝道の業に携わりました。そして、帰還後すばらしい男性と巡り会い、神殿において永遠の夫婦として結び固められたのです。現在本当に幸せな家庭を築いていらっしゃいます。

貧しかった幼い少女の胸に、主が与えられた小さな望みは、10数年の時を経て主の御手により実を結び、永遠に朽ちない大きな祝福へと膨らんでいきました。主の深い憐れみと慈しみによってなされる「奇しきみ業」は、私たち神の息子・娘らに対する、神のまさに大いなる愛の証です。

ディーター・F・ウークトドルフ管長も、次のように語っています。

「神は神聖で清く、筆舌に尽くし難い無限の愛であふれているので、わたしたちを愛してくださいます。神にとってわたしたちが大切なのは、わたしたちが優れた経歴を持っているからではなく、わたしたちが神の子供だからです。神は、わたしたち一人一人を愛しておられます。」(ディーター・F・ウークトドルフ管長、2009年11月号『リアホナ』、p.22-23)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ「にほんブログ村」
「良かったらクリックお願いしま〜す!」
posted by HappyLifeRealize at 07:04| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 慈愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

「ひび割れの入った瓶」

hibiwaretakame01.jpgひび割れの入った瓶」というインドのお話しを紹介します。何度聞いてもとても心温まる本当にいいお話しです。周りの人に対する温かなまなざしや思いやりが如何に人を高め、喜びと祝福をもたらすものか、深く感じることができると思います。

「ひび割れの入った瓶」

インドに毎日水汲みをする男がいました。彼は二つの大きな瓶を竿の両端に吊るして、それを肩に背負い水を運んでいました。二つの内の一つの瓶は完璧な造りでいつも満タンの水を運ぶことが出来ました。でももう一つの瓶には、ひびが入っていたのです。

川から水を汲み家まで運ぶ長い道のりの後、ひびの入った瓶にはいつも半分の水しか残っていませんでした。まる2年間、男は毎日一つの瓶は満タン、もう一つの瓶は半分の水を家まで運んだのです。もちろん、完璧な方の瓶はその完璧さ故に、仕事を完璧にこなしたことをとても誇りに思いました。それとは逆に、ひびの入った瓶はその不完全さ故に、仕事を完璧に成し遂げられずに、それをとても恥ずかしく情けなく思っていたのです。

2年間の辛い日々の後、ある日このひびの入った瓶は川で水汲みをする男についに話しかけました。

「私は自分が恥ずかしくて仕方ありません。どうか私をお赦し下さい。私のひび割れのせいで水が漏れ、いつも水を半分しか届けることできません。そのせいで、あなたがこんなに一生懸命働いても、その苦労が半分しか実ってないのです。」と瓶は言いました。

しかし、男はこのひびの入った瓶に言いました。

「君は気付いてたかい?私たちが通る道の君の側だけに花が咲いていたことを。もう片方の瓶の側には花は咲いてないんだよ。私が君のひび割れに気付いてたから、君の方の道の脇にだけ花の種を蒔いておいたんだ。君は毎日、毎日、その花の種に水をあげてたんだよ。

お陰でこの2年の間、わが家では、美しい花を摘んで、いつも食卓のテーブルに飾れ、家族で花を楽しむことができたんだ。もし、君が今あるがままの君でなかったら、この美しい花で家を飾ることも、私の心を潤すことも出来なかったんだよ。」

私たち人間は、誰しもその人それぞれのひび割れ(欠点や弱点、不完全さ)を持ち合わせています。私たちは皆ひび割れた瓶、不完全な人間なのです。しかしながら、天はこのような不完全な私たちひとりひとりを本当に深く愛し、そのみ手に使われる器として、他の人の幸せのために使って下さいます。また、不完全なひとりひとりが集り、助け、励まし、高め、支え合うからこそ、そこに大きな祝福と喜び、成長があるのだとも教えているのだと思います。

それぞれの人をあるがままに受け入れ、出来るだけ良いところを探し、それを伸ばせるように助けることを心がけるなら、この世はもっと住み心地の良いところとなり、みんなが幸せになれることでしょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ「にほんブログ村」
お役に立てたらクリックお願いしま〜す!


posted by HappyLifeRealize at 11:19| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 慈愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

「心優しい耳パンのおばちゃん」

pan01.jpg私が、大学生の頃のもうひとつの心温まるお話しをします。先日同様、大阪でボランティア活動に携わっていた頃のお話しです。思い出すたびに涙が出てきます。

貧乏ボランティア学生の極みを謳歌していた頃、毎日のように同僚と共に近くのスーパーへ出かけて行き、一袋10円の耳パンを購入していました。通常の店は100円で売っていたのですが、中には10円で譲ってくれる店もあり、そのような店をめざとく見つけ、リストアップしていました。

ある日のことです。数回ほど毎日訪れたスーパーのレジのおばちゃんが「お宅たちは大きな犬でも飼っているのですか?それにしてもよく食べるんですね。」と優しい笑顔で一言。私たちは一瞬「どうしよう」という表情で顔を見合わせ、戸惑いながらも顔を真っ赤にして正直に答えました。「あの〜〜〜私たちが食べるんです……。今大学を休学してボランティア活動してるんですが、あんまりお金がないもんで……」。

するとそのおばちゃんの顔に驚きと困惑の表情が浮かび、そしてその目に涙が溢れ、こぼれそうになりました。とっさに、「あっ!ごめんなさいね。少し待っていてね」と言ってから奥の方へさがり、しばらくしてから耳パンの袋を持って戻ってきました。そして「はい、10円です。先程はごめんなさいね。これから毎日でもおばちゃんのスーパーに来てね」と言ってくれました。

bread01.jpgアパートに戻って耳パンの袋を開けたとき、私たちはとても驚き、そして互いの目から涙が溢れてきました。その耳パンの間に、分厚い柔らかな普通のパンが4枚挟まれていたのです。二人でひざまずき、感謝の祈りを捧げました。

その後ひと月ほど私たちが他の町に転勤するまで、そのおばちゃんは耳パンの間に柔らかなパンを挟んでくれました。

その町を離れるとき、私はそのおばちゃんに私が一番大切にしているものをプレゼントしました。最初は受け取れないと言っていたおばちゃんは目に涙を浮かべながら受け取ってくれました。

昨今、様々に報道されるメディアの記事は、耳を疑い、目を疑い、心が沈むような悲しいニュースで溢れています。でも、この耳パンのおばちゃんのように、優しい純粋な心、他人を深く思いやる心、困った人を決して見過ごしに出来ない心を持った方々も日本には大勢います。そのような方々がいる限り、日本はまだまだ大丈夫だと思っています。

以下は、上記の記事に関連する私が最近最も感動したNo.1動画です。英語ですが、メッセージは必ずみんなの心に届きます。

「私が少年の頃に学んだ教訓」
−ゴードン・B・ヒンクレ大管長ー



この動画を紹介した記事は以下にあります。簡単な日本語訳もつけてあります。併せて観て下さい。

「私が少年の頃に学んだ教訓」

「人に心から仕え、与える」

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ「にほんブログ村」
お役に立てたらクリックお願いしま〜す!
posted by HappyLifeRealize at 07:14| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 慈愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。