2014年07月05日

「飛躍の鍵−過去の失敗を顧みずに未来を見つめる」

孔子01.jpg「温故知新」とは、みんなも承知のように「論語」(為政編)の中で孔子が師となる条件として、先人の思想や学問・古典を研究するように述べたものです。

 私の大好きな言葉のひとつです。

 すなわち歴史や思想、古典など昔の事柄を調べて研究し、そこから新しい知識や見解、そして知恵を得なさいという意味でしょう。

 過去を学ぶことによって現在をよりよく生きることができるわけです。そういう意味で過去を顧みることはとても大切だと思います。

 ただ、自らの過去のつまずきや失敗にとらわれて、本来の自分らしさを出せず、その内なる可能性をも活かせず、希望を持って前へ進めないとするなら、過去を顧みることはむしろよいこととは言えません。

ジョージ・ワシントン01.jpg アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンは次のように述べています。

「過去の過ちから役に立つ教訓を引き出すためと、高価な代償を払って得た利益を得るためでない限り、決して過去を顧みるな。」

 失敗しない人などこの世に一人もいません。つまずきのない人生なんてこの世にひとつもないのです。大切なのは、どのような心構えを持ち、それにどう対処していくかだと思います。

HondaSouichiro1.jpg「世界のホンダ」を築いた本田宗一郎氏(本田技研工業創業者)は次のように述べています。

「私の現在が成功というのなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることになる。私の仕事は失敗の連続であった。」

トーマス・エジソン01.jpg あの発明王のトーマス・エジソンも、

「私は失望などしない。なぜなら、どんな失敗でも次への前進の新たな一歩となるからだ。」

と語っています。

 過去がどうであれ、今日という日は何の染みもない真白な新たな1ページ。私たちの望みと思い次第でどのような色にも染めることができます。

 道は必ず開けるのです。

ロング・フェロー01.jpg ロングフェローの次の短い詩をかみしめながら、マイペースで着実に一歩ずつ「前」へ進んでいきましょう。(おやじより)

  過去を顧みるなかれ
  現在を頼め
  さらに雄々しく未来を迎えよ

    ロングフェロー


posted by HappyLifeRealize at 01:08| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 励まし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。