2014年06月30日

「自分自身と明日を信じて、あきらめずに前進する」

 転勤で福岡に来る以前、故郷沖縄にいた頃の私は、仕事柄毎日のように多くの社長さんにお会いしました。

 一国一城の主として、様々な荒波を乗り越えて事業を続けていらっしゃる彼らから本当に多くのことを学びました。

 ある雑貨卸業を営む社長さんもそのお一人です。

 一代で築き上げた彼の小さな会社は順調に業績を伸ばし、忙しいながらも安定した経営を維持するまでに成長しました。

 お話しでは、近々新しい土地を購入し、大きな倉庫の建設に着手するとのことでした。

 会社の倉庫は小さな川のすぐ側に建てられており、数人の従業員が忙しそうに立ち働いている様子は、不況下でさえ経営が堅調であることを如実に物語っていました。

 ところが、穏やかな笑みを浮かべて語る温厚なその社長さん、数年前まさかのどん底を経験していたというのです。

 例年にない大豪雨をもたらした大型台風襲来の際に、倉庫そばの小さな川の下流で、流木や漂流物が水の流れをせき止め、地域一帯に大洪水をもたらしたのです。

 今までに経験したことのない大水害でした。

 道路から1メートル以上も冠水し、倉庫の商品はほとんどだめになってしまいました。

 被害総額は、なんと3億円です!

 経営は順調とはいえ、資金的な体力のない中小企業にとっては致命的な大打撃でした。

 しかしながら、社長さんは決して決してあきらめませんでした。

 家族や従業員のため事業再開へ向けて毎日駆けずり回り、地獄のどん底から血のにじむような努力を重ねて這い上がってきました。

「本当に大変でした。自殺も考えました。でも、家族や従業員のことを思うとなんとか踏みとどまれました。そして死に物狂いで働きました。あきらめずに頑張ってきて本当に良かったと思っています。」

 そう語る社長さんの目は涙で潤んでいました。

 過去の偉人たちは、成功の秘訣を次のように語っています。

「私の最大の光栄は一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きあがることである。」(イギリスの作家ゴールドスミス)

「成功の秘訣を問うな。なすことは一つ、全力を尽くすことである。」(アメリカの実業家ワナメーカー)

「成功に秘訣というものがあれば、それは他人の立場を理解し、自分の立場と同時に他人の立場からも物事を見ることのできる能力である。」(アメリカの自動車王ヘンリー・フォード)

 これらの名言は、まさにその社長さんへの賛辞です。さらに、次の格言に象徴されるその社長さんの生き様は、私たちへの大きな励ましと希望でもあります。

「天は自ら助くる者を助く。」(イギリスの諺)

「神に祈れ、だが岸に向かって漕ぐ手を休めるな。」(ロシアの格言)

 天の助けを心から信じ、心から頼り、そして自らの最善を尽くす者に、天は必ずや助けの手を差し伸べ、道を開いて下さると確信しています。この社長さんの生き様は、その確かな証そのものです。

 自分自身と明日を信じて、決してあきらめずに前進しましょう!

posted by HappyLifeRealize at 21:18| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 励まし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。