2011年10月31日

「私が少年の頃に学んだ教訓」

GordpmBHinckley1.jpgこのサイトの右サイドバーに「私が少年の頃に学んだ教訓」と題するゴードン・B・ヒンクレーの動画があります。

英語ですが、思いやりや奉仕の大切さを説いた本当に素晴らしい動画です。

先日このブログでも紹介しましたが、内容をより良く理解し、感動を深められるように以下に和訳を準備しました。是非読まれ、また動画をご覧下さい。

記事の下には少し大きめの動画画面も準備しました。

私は何度も観て涙し、その度に末の娘に笑われています。


「ある少年が、自分より年少の友人と畑の中の道を歩いていました。すると、道端に着古した上着と履き古した男物の靴を見つけました。持ち主が遠くの畑で働いているのが見えました。

年下の方の少年が、その靴を隠して持ち主が戻ってきた時の困った表情を陰から見て楽しもうと提案しました。年上の少年は……そんな遊びは良くないと感じました。持ち主はきっと非常に貧しい人に違いないからというのがその理由でした。

そこでふたりは相談しました。そして年上の少年の案を取って、別な実験をすることにしたのです。靴を隠す代わりに、靴の両方に1ドル銀貨を1枚ずつ入れておき、お金を見つけた時の持ち主の反応を見ることにしたのです。ふたりはそれを実行に移しました。

間もなく男は畑から戻って来ると、上着を着て片足を靴に入れました。足に固いものを感じて見てみると、銀貨です。不思議と驚きの入り交じった表情が顔に〔浮かびました。〕何度も何度も銀貨を見つめ、だれもいない辺りを見渡しました。

そして、もう片方の靴を履こうとしました。驚いたことにもう1枚銀貨があるではありませんか。彼は込み上げる感情を抑えることができませんでした。

……ひざまずいて声を上げて感謝の祈りを捧げたのです。病に苦しむ妻のこと、飢えた子供たちのこと……。だれとも知らない人からの善意の贈り物に対して熱烈に主に感謝し、この助けを与えてくれた人に天の祝福を願ったのです。

少年たちは、男の人が行ってしまうまで〔隠れていました。〕」ふたりはその祈りに感動して胸に温かいものを感じました。

……ふたりが道を歩き始めた時、ひとりがもうひとりの少年にこう言ったそうです。「いい気持ちだね。」

(ブライアント・S・ヒンクレー「パンのみにてあらず」p.95)


世の中がこの少年たちのような人々で満ちたら、本当にすばらしい世の中になることでしょう。


「私が少年の頃に学んだ教訓」−ゴードン・B・ヒンクレー






ラベル:奉仕
posted by HappyLifeRealize at 07:10| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 奉仕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「君なら出来る!」


トム・モナハンという世界的に成功した起業家がいます。彼は1937年生まれ。4歳の時父親を亡くし、養育院で育てられます。

1960年23歳でわずか500ドルという小額資本で始めた一件のピザショップを世界最大手のピザ会社に成長させました。1970年資金繰りの悪化から銀行が会社を買い取り経営することとなりますが見事9年後借金を返済しました。

その後インスタントライフ流行を見て宅配ピザを思いつき、それによって会社は急成長しました。現在全世界で一日10万枚以上、5000店舗を擁する世界最大の宅配ピザ会社となっています。

1983年から1992年までデトロイト・タイガースのオーナーでもありました。その彼が次のように語りました。

「どうしようもない劣悪な環境? 最大で最悪の不運? なるほど、そいつは実に素晴らしい!それこそ、君が成功するために与えられた最高の贈り物だ。」

劣悪な環境も、最悪な不運も、捉え方一つで「最高の贈り物」に変ってしまいます。

地道な努力に根差した楽観主義、プラス発想は困難な道をも乗り越えて奇跡を起こす大きな鍵です。

東海大学の教授である謝世輝博士も次のように語りました。

「いつも『できない、できない』とか『無理だ、無理だ』と思ったり、言ったりしている人には、当然のように障害が現われ、結果としては『やはりダメだった』ということになるのである。

しかしどんなに窮地に追い込まれていても、いつも『是非したい』とか『できる、できる、絶対できる』と思ったり、言ったりしている人には、そのうち、『願望の磁石』が自然と出来上がり、やがて障害は消え、援助者が現われ、ついには本当にできてしまうことになるのである。」

「思いの力」や「言葉の力」はまさに信仰を基として生じる奇跡の力です。

KoideYoshio1.jpg女子マラソン金メダリスト高橋尚子選手の監督、小出監督は、毎日高橋選手に言い続けた言葉があるそうです。

それは「君なら出来る!」です。

「正しく努力すれば、きっと自分にも出来る!」と信じることから奇跡は始まります。自分であきらめない限り、決して失敗はないのです。
posted by HappyLifeRealize at 00:06| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

「光の路」


ボーイスカウト1.jpg昨日の「泥足のままで−素晴らしいボランティア精神」および「凡事徹底」を記す中で、一つのエピソードを思い出しました。今日はそれを紹介したいと思います。

1999年宜野湾第2団がボーイスカウト沖縄県連盟に正式に登録した年の4月、私は団を代表して初めて県連総会に出席しました。

聞くもの見るものほとんどが初めての上に多少の緊張も手伝って、恥ずかしい話ですが、語られ話されたことの多くを思い出せません。

しかしながら、10数年を経た今でも思い起こすたびに感動を新たにするとても貴重な体験をさせていただきました。

それは、総会の閉会に際して全員で「光の路」を斉唱した時のことです。

歌詞の一言一言をかみしめながら、老いも若きも熱唱するその歌声に耳を傾ける中、頭の先からつま先に至るまで鳥肌を伴うほどの衝撃と温かな感動に包まれました。

「光の路」の底に流れるボーイスカウトの精神に触れるだけでなく、「そこに集うおひとりおひとりはそのスカウト精神や自らの信念、理想、そして歌詞の中でいう『心の光』に忠実につき従おうと日々熱心に努めていらっしゃる方々だ」と強く感じたためです。

「私もその模範に習い従いたい」と強く願いました。

その感動が冷めやらぬ内に、私は心に思い浮かぶままに一つの詞を記し、心が赴くままに曲を作りました。「光の路歩もう」と題する曲です。

この曲は、後に宜野湾第2団団歌として採用され、みんなに愛唱されました。

この「光の路歩もう」の曲には、そのスカウト精神と模範に習い踏み進もうとの決意が込められています。また、その決意を表すに当たり、歌詞に次のスカウトの3つのちかいを掲げました。

「私は、名誉にかけて、次の3条の実行をちかいます。
神と国とに誠を尽くし、おきてを守ります。
いつも他の人々をたすけます。
からだを強くし、心をすこやかに、徳を養います。」

「ちかい」という言葉は、旧仮名遣いの時代に「ちかひ」と表記されていました。その「ちかひ」の「ひ」は、古語で霊(たましい)を意味します。すなわち「ちかひ」は単なる約束でもかりそめのものでもなく、自らの霊に実行を誓うより厳粛なものであるようです。

この歌を何度も口ずさみつつ、この歌の底に流れるスカウト精神と「ちかい」の真に目指すところとを自分のものとし、先人・先輩の模範に静かにそして力強く、また喜びをもって従えるよう常に自然体で頑張りたいと思います。

以下に、私の大好きなボースカウトソング「光の路」および私が作詞作曲した宜野湾第2団の団歌「光の路歩もう」を紹介します。

「光の路」

堀内 敬三 作詞
マーチン 作曲

1.大空をわたる日の 光は清く
  心地よきかがやきに やみはうせゆく
  光の路を ふみゆく われら
  とこしえに保たん 明るき心

2.いつわりも おこたりも いやしきよくも
  打ちやぶり きよむるは 心の光
  光の路を ふみゆく われら
  とこしえに保たん 明るき心

「光の路歩もう」(ボーイスカウト宜野湾第2団団歌)

1.幼いころから 心身きたえ
  徳をやしなう われらスカウト
  正義を選び  ともに歩もう 光の路を
  宜野湾第2団 備えの道 進む

2.若いときから 心をさだめ
  隣人(ひと)に仕える われらスカウト
  やさしい心で ともに歩もう 光の路を
  宜野湾第2団 奉仕の道 進む

3.神と国とに  誠をつくし
  おきてを守る われらスカウト
  つよい心で  ともに歩もう 光の路を
  宜野湾第2団 真理の道 進む


posted by HappyLifeRealize at 01:35| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 奉仕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「凡事徹底」


共に学ぶある生徒から「凡事徹底」という言葉を教えていただきました。

その生徒が座右の銘としている言葉だそうです。

いわゆる、小さくて簡単な事柄を徹底して行うことを意味する言葉です。

そのひとつに、その生徒は自らを常に正しい行いへ導いてくれる内なる声、良心の声に忠実に従うということに特に力を入れているそうです。

その生徒が次のような経験を紹介してくれました。

ある日仕事を終えて帰路についていた時、突然「右に曲がりなさい」との内なる声が心に響いてきました。

「バス停は左なのにどうして反対方向へ行きなさいと言うのだろうか」と最初はいぶかしく思ったようです。

でもその声に従い右に曲がりました。

散歩がてらにしばらく歩いて行くと、今度は「近くのサンエーでケーキを買いなさい」との思いが心に浮かんで来ました。

「自分の家の近くにもサンエーがあるのにどうしてここのサンエーなのか」とさらにいぶかしく思いましたが、その声に従うことにしました。

ケーキを買いあとは何をするでもないのでそのままいつも利用しているバス停ではない近くのバス停に向かい帰宅すべくバスに乗りました。

するとどうでしょう。そのバスはいつもバスに乗るバス停のそばを通過したのですが、そのバス停には警察や多くの人が群がり、それらの群衆を制するための黄色いテープが張り巡らされていたそうです。

つい先ほどそのバス停で恐ろしい事件が起こったのです。

刃物をもった不審者がバスを待っている方々に刃物を突きつけ、駆けつけた警察官に斬りつけたというのです。

警察官はけがを負いましたが、その不審者はその場で取り押さえられました。

ちょうどその生徒が右に曲がらずそのまま左へ進んでいたらまさにその場にいたであろうその時刻、そのバス停で事件が起こったのです。

その生徒は何も知らずに、とにかく「右へ曲がりなさい」との内なる声に従ったおかげで、事件に巻き込まれることなく無事に家路につくことが出来ました。

けがをされた方々の無事を祈りつつ、導きの声に深く感謝しました。そして改めて、自らを常に正しい行動へ導くの内なる声に従うことの大切さを身にしみて痛感したそうです。

正しいこと、他の人の役立つ何かをしたいと望む人々の心を常に導く内なる声に従うことによって大きな危険から守られた本当に素晴らしい話です。

posted by HappyLifeRealize at 00:30| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

「泥足のままで−素晴らしいボランティア精神」


volunteer01.jpg今年3月11日(金)に発生した東日本大震災は、日本における観測史上最大の規模、マグニチュード (Mw) 9.0を記録し、死者・行方不明者は約2万人、建築物の全壊・半壊は合わせて27万戸以上という未曾有の被害を出しました。

犠牲者の方々のご冥福を心から祈ると共に一日も早い復興とおひとりおひとりの生活の安定および心の平安を心からお祈り申し上げます。

今回の震災で、同胞の痛みを自らの痛みとして、少しでもそれを軽減できるように一生懸命立ち働いたボランティアの方々の数は、岩手県、宮城県、福島県3県において10月11日現在で80万人を超えました。

それぞれの地域にあって支援物資を送った方々を含めると数え切れない数になります。人知れず奉仕に加わった多くの方々の温かな支援の心と手にも心から感銘を覚えました。

平成7年1月17日未明に発生した阪神・淡路大震災も、5千人以上の人命を奪ってしまいましたが、その際被災者の救出のため、また彼らを物心両面で支えるために、130万人のボランティアが全国から集まったと言われています。日本は若者たちも含め、本当にすばらしい心を持った方々が大勢いる素晴らしい国だと改めて実感しました。

さて、同胞の痛みを自らの痛みとして、懸命に立ち働いたボランティアの方々、その彼らが日々口ずさんでいた詩があるそうです。

それは「泥足のままで」という短い詩です。とても考えさせられるいい詩です。以下に紹介します。

「泥足のままで」
嫌なことを聞いたら、その「耳」を洗え
嫌なものを見たら、その「瞳」を洗え
卑しい思いが湧いたら、その「心」を洗え
そして、足は 泥足のままで 泥足のままで生きてゆけ

奉仕に携わる際の私たちの心が、思いやりに満ちた清く汚れない純粋なものであるように、また人の痛みを共に負い助けたいとの思いが大きな動機となって、疲れを知らずにどこまでも突き進み、手を差し伸べる手に強さを加えるものであるようにとやさしく教えてくれます。

本当に素晴らしいいい詩です。本当に感銘を受けました。

私も、彼らの優しい心に支えられた強い精神、真のボランティア精神を心から倣いたいと思いました。

posted by HappyLifeRealize at 00:49| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 奉仕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

「未来と自分は変えられる!」


Donald1.jpg大ベストセラー作家のニール・ドナルド・ウォルシュは次のように語りました。

「自分の苦痛も他者の苦痛も、減らすには受け止め方を変えればいい。あなた方は、外部の出来事を変えることは出来ない。だから、内的な経験を変えるしかない。これが、生きることの『王道』である。」

難しく表現していますが、要は自らの思いを常に明るく前向き、積極的なものにするなら必ずや喜びと幸福を見出し、周りの人をも幸せにすることが出来るようになるということだと思います。

「過去と他人は変えられない!でも未来と自分は変えられる!」という言葉にあるように、自らの周りの様々な状況を変えたければ、まずは自分を変えるべし!です。

自分が変われば、必ずや周りを変えることが出来るようになると確信しています。

そのためにもまず自分自身の内なる能力を信じる必要があります。そして決してあきらめない力を養うことです。

NapoleonHill01.jpg潜在能力開発研究家のナポレオン・ヒルは次のように語っています。

「ある仕事に三度失敗し、それでもあきらめないなら、あなたはその道での指導者になれる可能性があると思って良いだろう。10回以上失敗して、なお努力を続けられれば、あなたの心には天才が芽生えはじめている。」

みなさんはNHKの番組「プロジェクトX」という番組を覚えているでしょうか。私は時間のある時はよく見ていましたが、大好きな番組でした。

この番組の内容には共通して言えることがあります。それは、物事をなすに当たっては必ず試練が訪れます。そして苦境に追い込まれながらも、何度も問題解決の策を練って果敢にチャレンジするのです。

そして幾度となく失敗を繰り返しながら、でも決して最後まであきらめない! そう、夢の実現のために! 「思いは必ず叶う!」ことをひたすら信じて……。

そして「奇跡」が起きるのです!

DealCarnegie1.jpgディール・カーネギーも次のように語りました。

「人は自分で不可能だと思わない限り決して敗北しない。」

本人があきらめさえしなければ、人生に失敗はありません。成功するまであきらめず頑張れる人になりましょう!

そのようなあきらめない心と地道な努力が、自らを大きく変える力になると思います。そして自ら未来を切り拓く力になるのです。

posted by HappyLifeRealize at 08:08| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

「奇跡を起こす生き方」


DealCarnegie1.jpgディール・カーネギーは次のように語っています。

「人の生き方には二種類しかない。一つは奇跡など起こらないだろうと思う生き方。もう一つは、奇跡は必ず訪れると思う生き方。」

「奇跡は起こる」と信じることによって、希望が生まれ、いつか必ずチャンスがめぐってくると思います。

第一次南極越冬隊隊長、西堀栄三郎氏は、その著書『石橋を叩いたら渡れない』の中で次のように語りました。

「私が11歳の時、いつかチャンスがあったら南極へ行ってみたいなぁという気持ちを持っていました。こうした志というか、願いというか、夢というか、そういうものを持っていると、いつか実現の道が開けてきます。

西堀栄三郎1.jpg人間は生きていくうちに、必ず分かれ道に行き当たるものですが、その時、夢とか志があると、ついそっちの方を選び、チャンスをつかむことになるのです。

私が11歳で志を立ててから、40年ぶりかで、南極の話しがパッと出てきました。もうその時は、私は53歳になっていました。

とにかく、強い願いを持ち続けていれば、降って湧いたようにチャンスがやってくるものです。その時、取り越し苦労などしないで、躊躇なく勇敢に実行を決意することです。」

これは真実だと私も確信しています。

強い望みを持ちつつ奇跡を信じ、希望を持ち、それを実現すべく最善を尽くす日々を過ごせる人は本物の幸福をつかめることでしょう。

posted by HappyLifeRealize at 02:04| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

「イチロウ−努力の天才」


イチロウ選手1.jpg世界的に有名になったシアトル・マリナーズの鈴木イチロー選手が次のように語りました。

「努力せずに何かできるようになる人のことを『天才』というのなら、僕はそうじゃない。

努力した結果、何かができるようになる人のことを『天才』というのなら、僕はそうだと思う。

人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。」

「天才」といわれる人ほど、人知れず努力しているものです。ある意味では、成功するまで努力する人のことを「天才」と言うのかもしれません。

発明王エジソンも、電球を発明する過程で、およそ2万回もの失敗を重ねました。そしてその血のにじむような努力の末に電球を完成させたのです。

その超人的な忍耐力に対する賞賛の声をよそに、エジソンは次のように語ったそうです。

「私は、実験において、失敗など一度たりともしていない。これでは、電球は光らないという発見を、今までに、2万回してきたのだ。」

そのような不屈の精神とあくまでもプラスな思考をもってすれば、私たちも自分の得意とする分野の「天才」になれるかも知れません。

「小さな、簡単なことによって大いなることが成し遂げられる」(アルマ37章6節)

ということを心に銘記して、私も精進したいと思います。

ラベル:イチロウ 努力
posted by HappyLifeRealize at 10:29| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

「転んだ数だけ起き上がる」


スタン・ミュージアル1.jpg1940年代から50年代にかけてアメリカ大リーグで活躍したスタン・ミュージアルという大リーガーがいます。

打者としての全盛期を迎えた彼は、1946年から58年までの13シーズンで200安打以上5回を含む2,532安打、362本塁打、510二塁打、三塁打も123本放ち、守備でもレフト、一塁手として好守を見せ、50年代最高の選手にも選ばれています。

その彼曰く、「私の誇りは打率の高さや、ホームランなどの数字ではなく、数知れぬ敗北とスランプからそのつど立ち上がったことだ。」

本当に謙虚なコメントです。1962年に42歳で打率3割3分0厘の記録を残しましたが、時の大統領J・F・ケネディはミュージアルに対し「わたしは大統領になる時に若すぎると言われた。君は野球をするには年を取りすぎだと言われた。しかし今、どちらも全く的外れであることがわかった」と述べています。

真の勝利者は転んだ数だけ起き上がることの出来る人です。

posted by HappyLifeRealize at 10:42| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 励まし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「熱意は失敗を乗り越え運命を切り拓く」


本田宗一郎1.jpgあの世界の「ホンダ」を築いた努力の天才本田宗一郎氏は次のように語りました。

「成功は、失敗と反省の繰り返しによってのみ達成される。

多くの人たちは、失敗を怖がり成功のみを求めるが、私の考えでは、成功とは仕事の1%であり、それは、失敗とも言うべき99%の仕事によってもたらされたものである。

……私の現在が成功というのなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることになる。私の仕事は失敗の連続である。」

失敗を恐れず、自らの夢に向かって、あるいは自らの良心に照らして正しいと確信している事柄を熱心に行う心の若さと勇気を持つべきだといつも思います。

あの松下産業を大成させた松下幸之助氏も次のように語っています。

「熱意のたぎっているところ、人は必ず新しい道を開きます。常識では考えられないことをやってのけ、運命を切り開き新しい発明発見をします。常識を破るのです。」

何を大切に思うか、それによって何を望むかが決まり、何を望むかによって何を行うかが決まります。何を行うかによって何を達成するかが決まります。そして自分がどのような人物になるかが決まると思います。そして、その思いと望みの強さが人を力強い行動へと駆り立て、奇跡を起こし、新しい未来を切り拓くのです。

何を大切に思うか、その出発点を間違うと自らの人格や人生の幸福にさえ大きな影響を与えかねませんが、世のためになる価値ある事柄に取り組むとき、「熱意をたぎらせて」とことん努め励むことは、本当に大切だと思います。これこそ真の成功の鍵なのでしょう。

凡人の私も、何はなくとも、まがいなりにも「努力の天才」になれるよう努めたいと思います。

posted by HappyLifeRealize at 00:08| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。